Lesson 1デコパージュについて


ペーパーナプキンを使った 石鹸デコパージュ



 

☆ 材 料 と 用 具 ☆

        ○ ペーパーナプキン
 ○ 石鹸 (文字が入っていないタイプを使うと表面をきれ      いにする手間を省くことが出来ます)
 ○ 転写液 (デカルイット、ハルトランスファーなど)
 ○ 水性コーティング剤(ニューサンフィニッシュ、トップ            コートグロスなど)
 ○ 筆
 ○ はさみ
 ○ その他に小皿、水入れ、ノンアルコールのウェットティッシュ・・・など

作 り 方

   手 順 1
 

石けんはナイフなどで 文字を削り落としてから石鹸の表側だけに転写液を2回塗ります。(転写液を塗った面にペーパーを貼ります)
1回ごと良く乾燥させてください。

筆は使ったらすぐに水洗いします。(水入れに付けておいても良い)
使う時には水気を取ってください。

転写液使う分だけ小皿などに出して使用してください。 容器に直接筆を入れて使うと、液剤が汚れたり、固まったりします。

   手 順 2
ペーパーナプキンを好きな形に はさみでカットします。 
 

ペーパーナプキンは、数枚の紙が重なっています。

必ず剥がし、印刷されている1枚だけを使用します。

重なったまま貼ってしまうと、しわが出たり接着が出来なかったりします。

   手 順 3
 (手順1)で準備した石鹸は、貼りたい部分に転写液を塗りペーパーナプキンを乗せます。(転写液が接着剤になります)

固く絞ったウェットティッシュで押さえて接着します。

この時、紙をこすらないように気をつけます。
強くこすると紙が切れてしまいます。

しっかり乾燥させてください。 

   手 順 4
 ペーパーナプキンを貼った石鹸の面を覆うように転写液を塗ります。(2回位)

1回ごと、よく乾燥させます。

筆はすぐに水洗いします。

   手 順 5
 水性コーティング剤を5〜6回塗って仕上げます。

コーティング剤も必ず小皿などに使う分を出して使用します。コーティング剤は乾燥するのが早いため、容器の中で固まったり、ツブツブが出来てしまいます。

1回ごと、必ず乾燥させてくださいね。 
 

注)1度に厚塗りすると、液剤が垂れてしまい仕上げが汚くなります。 また、気泡が入ったりするとやはり仕上がりがきれいではありません。液剤を塗る時には気をつけてください。

 
 石けんにデコパージュする方法は何通りもあります。
ここに掲載した方法も、私のやり方の中の一方法です。

液剤類もたくさん販売されていますが、私が良いと思ったものを紹介しています。
ご自分でいろいろ試してみて一番良い方法や液剤を見つけて、きれいな作品を作ってくださいね。
 ☆-注 意-☆

液剤類は塗った後、よく乾燥させてから塗り重ねます。
ニスなどを乾燥させるときは、必ず自然乾燥。
使用した筆や小皿などはすぐぬるま湯か水で丁寧に洗います。

液剤類は倒れやすいので気をつけてください。
また、小さなお子さんの手の届かないところに保管してください。
やさしいデコパージュへ

                               トップページへ